2013吹奏楽コンクール島根県大会高校の部に行ってきました

昨日は吹奏楽コンクールの高校生のAの部に行ってきました。

結果もアップされています!


島根県吹奏楽連盟HP


地区の用事で最初からは見れず、松江南の演奏から聴くことができました。

今年の課題曲はⅠを演奏した学校は1校もなし。

私自身はⅠが一番好きでCDでよく聴いていたのですが

実際演奏するとまた全然違うものですもんね。



さてさて。

出雲商業は最優秀&中大初出場でしょうか?

私がコンクールに行き出して10年ほどになりますが

多分、そうではないかと。

さすがの大久保先生。商業就任1年目から

「これはもしかして・・・?」と思っていましたが、やはり、ですね。

今回のコンクール、結果を出した学校はみな

その学校のカラー、顧問の先生の得意分野が出ているなあ、と感じました。

演奏自体は本当に素晴らしかったです。



ただ、1つ残念だったのは

つどいの時にも心配していたことが起こってしまったこと。

私が聴くようになってから初めて携帯電話の着信音が鳴ったことです。

島根県大会も、支部大会のようにもっと会場のスタッフを増やして

ちゃんと「携帯電話・使用禁止」のプラカード(のようなもの)

を演奏中もたえずかざさないといけない事態になってきたようです。

昨日、私が見ていた限りではホール内にいて観客を誘導等していた

中学校Aの部の先生は1人か2人・・・?

ステージ上でも先生方が楽器運び等してらっしゃいましたが

あまりにも少ない気がしました。

Aの部の先生方は来週のコンクールに向けてお忙しいと思いますので

もうコンクールが終わった先生方、生徒等スタッフ動員して

運営の問題がないようにしていただきたいと

個人的には思いました。


来週のグラントワは所用で見に行けませんが

演奏だけでなく、観客側も金賞の鑑賞態度を見せて

コンクールを盛り上げたいものですね!
[PR]
トラックバックURL : http://lunchmusic.exblog.jp/tb/20817431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sasha_2006 | 2013-08-05 14:41 | フルート・クラシック | Trackback | Comments(0)