フィギュアスケート世界ジュニア選手権


フィギュアスケート「氷上の華」


あれから1週間もたってしまいましたが・・・
世界ジュニア、男子は史上初メダル2個!
そして女子は5年ぶりの表彰台と最高の結果となりました!
Jスポーツ解説の杉田さんの嬉しそうなお声を聞いて
私も本当に嬉しゅうございました^^


永井選手を見ていると浅田舞選手の現役時代を思い出します。
1つ1つの所作の美しさ、流れるようなスケーティング。
来シーズンは本格シニア参戦でしょうね。
とても楽しみな才能です。


銅メダルを獲得した樋口選手、
小柄なのにそれを全く感じさせないどころか
スピードで圧倒的存在感を感じさせます。
SPはチャルダッシュ、浅田真央選手のシニアデビュープログラムであり
フリーのガーシュインはキム・ユナ選手がバンクーバーのフリーで使った曲。
フレッシュな彼女の雰囲気にぴったりです。
ジャンプは幅があって、高さがあって。
私はチャルダッシュの2アクセルを跳んだあとの上を向くところが好きです。
度胸も満点、気の強さが顔に出てると言ったら失礼でしょうか(^_^;)
でも得点を見ても喜ぶどころかふてぶてしささえ感じさせる、
なんと頼もしいことか!やっと日本にもこんな選手が出てきたのですね!
やはり気が強すぎるくらいの選手じゃないと。
彼女は来シーズンもジュニアなのでしょうか?
オリンピックのことを考えたら、来季はシニアでもおかしくない。
ぜひ、来シーズンはシニアで!お待ちしていますよ^^


同じく銅メダルの山本選手、初出場で銅メダルは素晴らしい!
宇野選手の方が注目度は高いようですが
山本選手の方が成長は早いように思います。
軽々とジャンプを跳ぶあたり、体型的にも羽生選手を彷彿とさせます。
ルッツのエッジが心配ですが、宇野選手のように矯正してくるかもしれません。


宇野選手は滑りと言い、表現力と言い別格ですね。
4回転を3回入れてきたボーヤン選手にはただただ頭が下がりますが・・・
プログラム全体として見たらやっぱり宇野選手、何度でも見たいですね。
そしてミスをしてもきっちり勝ちをとれるところは
やはり将来のチャンピオンかな・・・と・・・
強いだけじゃダメ、なんですよね。
やっぱりトップ選手は運も必要かな・・・と思います。


今大会、日本の層の厚さを知らしめたものとなりましたね。
さあ、いよいよ今度は世界選手権ですね♪
[PR]
トラックバックURL : http://lunchmusic.exblog.jp/tb/24238667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sasha_2006 | 2015-03-13 17:03 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ナチュラルにスローに、そしてアナログでいきましょう♪


by sasha_2006
カレンダー