真島俊夫さん、永遠に

吹奏楽ファンであるなら知らない人はいない

あの真島俊夫さんが亡くなられてからもうすぐ100日がこようとしています。早いものです。


真島俊夫- Wikipediaより


真島さんと言えば、思い出されるのが吹奏楽コンクールの審査員席にいらっしゃったこと。

吹奏楽コンクールの審査員の方って3日間連続で朝から夕方まで座りっぱなし、

しかも私達観客と違い、何だかわからないような演奏でさえも(ごめんね)

しっかり聴いて評価しなくてはならない、過酷と言えば過酷なお仕事(ごめんなさい)

一番思い出深いのは、ある年のコンクールで出雲2中さんが「三つのジャポニスム」を演奏したとき

ティンパニーのこがはしっちゃって、最後の盛り上がりがどんどん早くなっていって

顧問の先生やほかの生徒さんが「おおお、」と慌てふためいている演奏になって

本人大満足で無事に演奏も終わり(そして終わってみれば素晴らしい演奏でした)

終わった直後に真島さんを振り返ると「ニヤリ」と笑ってらっしゃった

あの何とも言えない笑顔です。

ほかにもいろんな学校が真島さんの曲を演奏するたびに

私は子供のように何度も真島さんを振り返っては

表情を確認していましたっけ・・・懐かしいな~~~。




真島さんの曲は好き過ぎて1曲に絞れませんが

最近よく聞いているこちらの曲(編曲ですが)動画をお借りしてきましたのでどうぞ。



宝島



今振り返ってみますと何度も何度も島根県にはお越しくださいました。

真島さん、素晴らしい音楽をたくさん世に残してくださって

本当にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈りいたします。
[PR]
トラックバックURL : http://lunchmusic.exblog.jp/tb/26008541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sasha_2006 | 2016-07-13 10:57 | フルート・クラシック | Trackback | Comments(0)

ナチュラルにスローに、そしてアナログでいきましょう♪


by sasha_2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31