ナチュラルにスローに、そしてアナログでいきましょう♪


by sasha_2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

雨、雨、雨ですね

先週、梅雨入り。
でも今降っているこの雨は梅雨の影響?それとも台風の影響?
こちらは台風の被害はなかったようですが
被災地にどうか影響がありませんように、と祈るばかりです。


お弁当作りが終わった途端、すっかり不定期更新になってしまったこのブログ(^^;)
それでも見に来てくださる方がいらっしゃって本当にありがたい!です。
ありがとうございます。


昨日は久々に吹奏楽コンクールのCDなんか引っ張り出して聴いておりました・・・
全国大会、中学生の演奏なんですが、中学生とは思えない演奏に改めて感動・・・
10年位前の演奏なんですが、感動は色あせないものですね。


昨日は紫陽花を植えました。
もう既に植えて毎年この時期に花を咲かせてくれるものもありますが
庭の一角が寂しげになっていたので、そこに堆肥を入れて。紫陽花を。


雨が続くのは苦手ですが、雨に濡れた紫陽花は素敵ですね。


056.gif
[PR]
by sasha_2006 | 2011-05-30 15:00 | Trackback | Comments(0)
スポーツナビより



~安藤や浅田は3戦出場可 フィギュアの来季GP~


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/winter/skate/figure/headlines/20110526-00000040-kyodo_sp-spo.html


どういう状況になるのか、始まってみないとわかりませんが・・・・・・
若手の皆さんの出場機会が減るということですよね。
12人→10人になるということはそういうことだと思います。
まあ、じっくり見守りたいと思います。
[PR]
by sasha_2006 | 2011-05-27 16:23 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

出雲北陵高校定期演奏会

4月に入って新1年生が入部してきて

いよいよ各校の吹奏学部も本格的に夏のコンクールに向けての

活動が始まっていることでしょうね。



さて私は本日今年初めての吹奏楽の演奏会に行ってまいりました。

今日は出雲北陵高校の定期演奏会


曲目は第1部で課題曲の薔薇戦争やローマの松など。
第3部では楽しくAKB48メドレーなどもありました。
今年も北陵サウンドは健在!
昨年の管楽合奏コンテストで見事グランプリに輝いた勢いは今も持続中。
この調子ですとコンクールが本当に楽しみですね~。
北陵の皆さん、頑張ってください!


そして第2部はプロトランペッター エリック・ミヤシロのスペシャルライブ!!!


いや~~すごかったです、本当に。
ホント、こんなのタダで聴かせてもらっていいのかな・・・
とおじけづくほどすごい演奏でした(汗)


演奏は勿論ですが、エリックさん、やっぱり世界のトップになる人は違います。
エリックさんの言葉で心に残った一言。
それは「練習も楽しんでする」


皆さんの中には例えば教則本を2時間する、とか
そんなキツキツの練習をされている方もいると思う。

でも演奏は心でするもの。
練習していて楽しくなくなってきたらきっぱりやめないと
身につかない。

あいだあいだで休息を取ることも大切。
休息をとらなければ、せっかく会得したものも身につかないから。


今は便利な時代になり
音楽配信とかでいつでもどこでも何でも見たり聞いたりできる。

(そのせいなのか)
最近はコンサート会場や劇場に足を運ぶ人が少なくなった。
ぜひ、皆さん、会場や劇場に足を運んでほしい。
生の音を体感してほしい。
演奏者は観客と感動を共有しあう事で演奏にも力が入る。


・・・・・・・・・・・・・・などなど
さすが、とうなりました。
演奏を聴けたこともですが、今日、この言葉を聞いただけでも
来た甲斐がありました。


吹奏楽も今シーズンが始まった感があります。
今年もあちこちに出没しますよ~~~^^
[PR]
by sasha_2006 | 2011-05-21 23:56 | フルート・クラシック | Trackback | Comments(2)
日本経済新聞web版に高橋大輔選手のすごく素敵な記事が載っています。

まだお読みになっていない方はぜひ!


日本経済新聞web版より


ボルト除去の手術も無事終わったと言うことで
本当に安心しました。
そこにこの記事・・・もう、嬉しすぎますね。
「これからスケーティングを習いたい」
なんて、もう・・・・・・・(苦笑)
文中で「好きな選手ミハル・ブレジナ」と表現していますが
昨シーズンの世界選手権終了後、ブレジナ選手も
大輔選手の事を「世界チャンピオンにふさわしい」と称えていますし
まさに相思相愛ですね(笑)


いい形で終われないかもしれないけれど・・・
とほかのインタビューでも語っていますが、
大輔選手が高校生でNHK杯でデビューした時から見てきています。
いい時も悪い時も、ずっと見守ってきました。
今後、大輔選手がどのような成長を遂げていくのか
ファンとしては今後もずっとついていきますよ^^


来シーズンはSPから4回転祭りになることは必至。
女子も気になりますね~。
[PR]
by sasha_2006 | 2011-05-20 17:26 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
ソチもですが、今は次の2018年のオリンピックの開催地がどこに決まるか。
いよいよ決戦が近づいてきた!という感じでしょうか。

     18年五輪招致でプレゼン 金妍児、ビットさんら登場(スポーツナビより)

韓国、ややリードということですが・・・
アジアでは1998年以来冬季オリンピックが開催されていない事などを考えると
そりゃあ、

長野→北米→欧州→北米→欧州


という流れを見てもやはりここはアジア枠の韓国が
断然!有利ですよね。
とにもかくにも7月6日、答えは出されますね。


~真央らしく~web版見ました。

エピソードの一つ一つが真央ちゃんらしいなあ、と(苦笑)
佐藤大先生がまだ話中なのに、滑り出してしまって怒鳴られたり、なんて
小塚選手がよく「人の話を聞いていない」とぼやいていましたが
本当にこのマイペースぶり、いいですねえ(うっしっし)

今回の世界選手権6位という成績は調整の失敗、と言うことでしたが
つくづく「オリンピックシーズンでなくて良かった~」と思いました。
10代のときと違って今後一層、調整の仕方が難しくなるわけですから
やはり調整専門の先生をつけてほしい・・と思っていたら
どうやらトレーニング面、栄養面でもサポートの人を
つけてもらえるようで安心しました。


ちょうど、ユナ・キム選手のコーチがブライアン・オーサーに変わり
「チーム・ユナ」が結成されたのがオリンピックの3シーズン前頃、
それまでは絶えず故障を抱えていたユナ選手が
見違えるように変わりましたよね。

今年はその3シーズン前に当たるわけです。
そう思うと、オリンピックまでは1シーズンたりとも
休めるシーズンはないわけですよね。
特に、今回の世界選手権を見て思ったのは
ロシアの選手への点数の出方が異常に高いこと。
男子の結果を見て「これはロシア女子も点数が出るな」
とすぐに思いました。
ガチンスキー選手、いくら4回転を決めたとは言え
だからと言ってあんなに急に点数がはねあがるものなのか??


そしてレオノワ選手も今シーズン最高の出来だったとは言え
正直、ここまでの点数が出るとは・・・・・・


勿論、点数の出方に文句どうのこうのではありません。
今回の点数を見て、よほどロシアの選手が大きな失敗をしない限り
ある程度点数が出ることがわかった。
これは世界中のスケート関係者にとっても
とても貴重な資料となったのではないでしょうか?


ロシアには若い才能達が早くシニアの大会に出ようと
手ぐすね引いて待っています。
才能+地元の利、と言うことで
日本も相当の覚悟を持って立ち向かわなければなりません・・・


真央ちゃんの話に戻りますが、私自身、完成形の「愛の夢」
をファンとして見たいですし、本人もどうやら振付を変えて
その流れでいくようですよね・・・?
気になるのはショート!
何とかカメレンゴさんにお願いできないものでしょうかねえ?
1度でいいから見てみたいのですが。

今後、トリプルアクセルや4回転を飛ぶ女子選手も出てくるだろうが
自分はまずは3回転ー3回転、それも何種類かの、
と中日新聞のインタビューにこたえています。
今回の大会の反省をしつつも、しっかりと前を向いている真央ちゃん。

素敵すぎます♪
[PR]
by sasha_2006 | 2011-05-18 23:06 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
ご存知の方も多いと思いますが

浅田姉妹の公式サイトがリニューアルされています!


       ↓

浅田舞・浅田真央オフィシャルウェブサイト


とても美しい写真が魅力的ですね!

そして真央選手のほうはこちらに出演とのこと!


       ↓


http://maimao-asada.com/mao/performance/2011/05/13/38/

皆さん、PC閉じたら早くテレビの前に行きましょう!(笑)


今日は嬉しいニュースを目にしました。
私の好きなペアの中国のパン&トンチームが
現役続行とのことです!
[PR]
by sasha_2006 | 2011-05-15 23:13 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(4)

Jスポーツ放送予定

今、卓球の世界選手権をしていますね。
愛ちゃん、ミックスダブルスメダル確定おめでとう!
しかも日本勢としては34年ぶりですか?
もともと中国に卓球を教えたのは日本、ということで
このメダル確定のニュースは日本の再びの躍進を盛り上げる
いい話題ですね。嬉しい。
チラッと見たテレビのニュースでシングルス敗退が決まり涙を流す愛ちゃん、
逆に勝ち進んでほぼオリンピック代表の座を得て涙を流す佳純ちゃん、
どちらもこちらの涙を呼んでしまいますが、
アスリートの涙はどんな涙であれ美しい・・・と言っては不謹慎かな。
でもこんな場面には本当に弱い私です。


その卓球、世界選手権の放送、JスポーツさんがLIVEも含めて
長時間流してくれていますね。
サイト、放送予定はこちらです。


     ↓


http://www.jsports.co.jp/tv/table_tennis/


フィギュアの放送予定も見たら6月まで入っていました。
例年ですと、長くても5月くらいまで?
6月も過去にはあったような気もするけど、珍しい。
でも嬉しいですね。
ついでに過去の放送とかも年間通じてしてくれないかな、なんて。



フィギュアの放送予定


      ↓

http://www.jsports.co.jp/search/sys/kensaku.cgi?Genre2=0605
[PR]
by sasha_2006 | 2011-05-13 10:43 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)
浅田真央選手のチャリティブックが発売されるとのことです。
尚、本書は、浅田真央選手と著者の吉田順さんの無償でのご協力を得て制作され
本書の販売によって得られた収益は、全額を日本赤十字社を通して、
東北地方太平洋沖地震への義援金にするということです。

【販売期間】
販売受付開始:5月10日(火)10時より
販売受付終了:5月31日(火)17時まで

【販売方法】
「ショップ.学研」にて
※書店、ネット書店ではご購入になれません。


詳細につきましては下記をご参照くださいますようお願いいたします。


asahi.comより


浅田真央チャリティブック販売特設サイトより


勿論、私も購入の手続きをしました。
このサイトをご覧になった皆様のお気持ちが
1人でも多く、被災地の皆様のお力になれば嬉しいです。
[PR]
by sasha_2006 | 2011-05-11 11:08 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(5)
2011年世界選手権。
今はJスポーツでペアやアイスダンスを放映してくれていますね。
振り返るのももうそろそろこの章で終わりにするかもしれません。

今日、昨日とアイスダンスを放映しているのですが
なぜでしょう、ここのところアイスダンスに対して
あまり魅力を感じなくなってしまいました。
やってらっしゃることは年々すごくなっていて
選手の皆さんは本当にすごい!と思うのですが。

アイスダンス。
文字通り、氷上のダンス、氷上の社交ダンスとも言われています。
私はアイスダンスの一番の魅力は2人の同調性、
そしてそれに寄り添うステップ、スケーティングだと思っています。

しかし最近、リフトばかり目につくようになってしまって・・・
アイスダンスなのに、ペアですか、と見まごうばかりのリフト。
選手達の怪我も心配です。

ルールだから仕方ないのかもしれないですが・・・
私が一番魅力を感じるのは今シーズン大輔選手のSPの振付をした
シェイリーン・ボーンさん。
クラッツ選手と組んで世界チャンピオンにもなりましたが
彼らのスケーティングは「雲の上を歩いているよう」とも称されました。


またあんな魅力的なアイスダンスを見たいものです。



さてさて、女子シングルの話。

真央選手のフリー演技、あれから何度も見ていますが
体調を崩していたのにあそこまで滑れるとは
さすがは全日本4連覇、前世界チャンピオンであると感嘆しています。
そしてもっと強く感じたのは、ジャンプの改良に着手して
本当に良かったなあ!ということ。
ジュニア勢、特にロシア勢の才能には
いろんな方のブログで「おそろしあ」と評されるほど。
今回の真央選手の演技、ところどころ回転不足などもありましたが
演技の割には評価が低いな、と感じました。

来シーズンのことは想像もできませんが・・・
今のこの内容でこの評価ならば、来シーズンはもっとレベルを上げていくべきだと感じました。
練習パートナーに男子銀メダリストがいるわけですし、環境としては最高ですね。
その銀メダリスト、小塚選手も真央選手と練習することで
大きな効果を得られたと記事にあります。

      ↓


日本経済新聞より転載


プログラムについて、真央選手は世界選手権直後のインタビューで
「SP,フリー共に変えるのか今の時点では決めていない」
と答えています。
最後まで完成できなかったSPは変える、と思うんですよね。
でもフリーはプログラムとしての評価も高いですし、
まだ完成形を披露できたわけではないので
もしかしたらこのまま来シーズンも???
なんて思ってしまいます。
どうなんでしょうね???
7月末のTHE ICEで新プログラムを披露するとのことですが
それが試合用のプログラムなのか、EXなのか・・・
本当に、フィギュアスケート関連のニュースから目が離せません!^^
[PR]
by sasha_2006 | 2011-05-11 10:02 | フィギュアスケート | Trackback(1) | Comments(4)

感傷的なワルツ

今回の世界選手権では本来の力を発揮できなかった川口悠子&スミルノフペア。
来シーズンはまた巻き返してほしいと思っています。

フィギュアスケートを見ていると、自分が知らなかった音楽を知ることができるし
選手達の演技と重なって、曲にのめりこんでいくパターンが多いのですが
バンクーバーシーズンで川口チームがフリーに使ったチャイコの「感傷的なワルツ」もその1つ。
私は現在、フルートを趣味で習っていますが、次のレッスン曲というか自由曲というか
何にしようかと悩んでいましたが(好きな曲はあっても、楽譜がすぐに見つからないのです)
昨日、仕事帰りに楽器店によると「感傷的なワルツ」~フルート編~が掲載された楽譜を見つけ
喜び勇んで購入しました。


川口選手達がISU歴代最高得点を更新して優勝した欧州選手権での素晴らしい演技。
you tubeさんからお借りしてきました。後半は「美しく青きドナウ」ですね。


http://www.youtube.com/watch?v=v3DHIjSILCA&feature=related


フルートでこのせつなさ、と言うか感傷的な雰囲気、
そして付点音符にこめられた思いを
どうやって出していくか・・・・・・・
それはこれから模索していきます。
大変ですが、3か月に1度のおさらい会で演奏できるまで
完成度を高めていくのは楽しみでもあります。
[PR]
by sasha_2006 | 2011-05-11 09:13 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)