<   2013年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

世界選手権女子フリー・Jスポーツ放送


世界選手権の解説は

杉田さんでも、樋口豊先生でも太田由希奈ちゃんでも

どなたでもクオリティの高い解説をしてくださるのですが

今回は四大陸選手権に引き続き杉田さん。

杉田さんの解説は目の前の演技の事だけではなく

未来の事も見据えて解説してくださるので

見ているほうも、例え期待通りの演技を見れなくても

将来希望をもてるようなそんな解説をしてくださるので

見終わるととてもhappyな気持ちになるんですよね^^。




Jスポーツ、ちゃんと見れたのは最終グループのみです。

後は見れた選手の感想のみを。

まだ見ていない選手は時間を作ってゆっくり録画を見直すつもりでいます。

きちんと見て来シーズンの予習をしておかないと^^


あ、それと、フジテレビを見終わった感想と重なるかもですが

それはご承知いただきますようお願い致します。




アメリカのグレーシー・ゴールド。

やっぱり素晴らしい、このジャンプ!

ジャンプの高さ、流れ、幅、回転中の姿勢、

男子並みの素晴らしいジャンプです。

キム選手のジャンプは男子よりも加点が多くもらえるジャンプですが

そのジャンプに一番近いのが彼女のジャンプではないでしょうか。

ジャンプだけではなく、スピンも本当に素晴らしい。

回転速度、ポジション、文句のつけようがありません。

背伸びするわけではなく、16歳という自分の年齢に合った素直な表現力。

それが彼女の清潔感をよりアピールしているような気がします。

初出場で見事、アメリカの3枠復活に貢献しました!

来シーズンは全米女王候補NO1と言っても過言ではないと思います。



明子選手は6分間練習の時からジャンプのタイミングがおかしかったようです。

だからでしょうか、、最初から不安そうな顔つきで、それは最後まで回復しませんでした。

私はどうしても、彼女のジャンプのテイクオフの「待ち」の長さが気になるのですが

(それはどうしても点数に反映されてしまうし)今回もやっぱり気になりました。

また、いいときの”オー”はステップで空気を切り裂くようなスピードで駆け抜けていくのですが

今回は最後まで、彼女らしい演技が見れなかった。もちろん一番残念なのは明子選手。

そして何より”オー”をカナダの観客に見てほしい、とインタビューでも答えていただけに

その気持ちはスケートファンとしても何と言ってあげれば良いのかわかりません。

国別ではどうか、素敵な”オー”を見せてほしいと思います。



中国のジジュン・リーの活躍は今更言うまでもないことですが

少しですがSP終了後のインタビューで英語で答えていました。

フリーの時もコーチがしっかりと「英語も少し話せます」としっかりアピール。

これを見て、さすがはもと世界チャンピオン、ルー・チェンのコーチ。

しっかりチャンピオン教育をされているな、と感じました。

ユナ・キム選手や安藤選手が英語を通訳なしで話すのは周知の事ですが

やはり英語を話せるという事は、氷上以外の場所でも自分を世界に向けてアピールできますし

いろいろ有利な点が多いのです・・・さすが中国ですね。

スケートとは関係ないのですが、そんなことを感じました。



最終グループの選手の話はまた後日。

しかしつくづく・・・表彰台に並んだ3人の顔を見て

深い感慨に浸った人は私1人ではないでしょう。

キム選手、コストナー選手、真央選手。

2008年、初めて真央選手が金メダルを取った時にも

順位は違えど同じメンバーが表彰台に乗っていたんですね・・・

あれから4年。でも考えてみれば、

4年たっても尚、表彰台に立っているこの3人の才能、存在。

改めてこの3人の凄さを感じます。

若い才能がたくさん出てきていて、それは素晴らしい事なのですが

やはりまだまだこの3人の前にはかなわないのだな・・・と。

それはやはり3人がそれだけの経験をしてきていて

若い選手達はそれがこれから始まるのですし、

果たして4年後には10代の彼女達がどのようなスケーターになっているのか、

それはそれで今後の楽しみ、という事で

まだまだ私のスケートファンライフも

当分続きそうな気がするわけなのです(えへへ)
[PR]
by sasha_2006 | 2013-03-26 22:28 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

牛肉の八幡巻き弁当

b0075817_235184.jpg




今日の夫のお弁当は…




F391.gif牛肉の八幡巻き


F391.gifかにかま入り卵焼き


F391.gifなすとピーマンのケチャップ炒め


F391.gif厚揚げとさつまいもの煮物


F391.gifちくわの海苔チーズ炒め


F391.gifプチトマト


F391.gifご飯、昆布の佃煮
[PR]
by sasha_2006 | 2013-03-25 23:05 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

鶏ハム弁当

b0075817_9395454.jpg



今日の夫のお弁当は・・・


(メニュー)

☆鶏ハム

☆葱入り卵焼き

☆ほうれん草、ベーコン、コーンの炒めもの

☆ピーマンのたらこマヨネーズあえ

☆油揚げの煮物

☆ブロッコリーのチーズ炒め

☆ごはん、しそわかめ



昨日は雨でしたが、一転今日は良い天気。

今週末、長女の大学の卒業式があるので

明後日から夫とともに出かけてきます。
[PR]
by sasha_2006 | 2013-03-19 09:39 | ☆おべんと☆ | Trackback | Comments(2)

あさりと菜の花のバター炒め

b0075817_18742.jpg




今日の夕食の一品です。


オリーブオイルでガーリックを炒め、

そこに砂抜きしたあさりと菜の花を入れ

あさりに塩分があるからこしょうだけをぱぱっF640.gif

最後に風味づけにバターをおとして出来上がりです。
[PR]
by sasha_2006 | 2013-03-18 18:07 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

世界選手権女子シングルその2

思いつくままに書きますね、順不同です。




鈴木選手、荒川さんもおっしゃっていましたが

一番最初の3フリップが全てでしたね。

本来の鈴木選手であれば、最初のジャンプを転倒してもここからがスタート、

ジャンプの転倒など忘れてしまうような素晴らしい演技を見せてくれるのですが

残念ながら今シーズンは迷いをふっきれないまま世界選手権も終了してしまいました。

勿論、一番悔しいのは鈴木選手ご本人ですし、このままで終わるような

そんな選手でないことは皆さまご周知の通り。

来シーズンはもっとすごい鈴木選手になって帰って来てくれるはずです。

楽しみに待っています。



村上選手、バンクーバー選考ではサブに甘んじましたが

今回もしっかりと枠取りに貢献、どころか初の世界選手権の表彰台も

もう本当にあと一歩、のところまできました。

トップ選手が全て出そろったこの大会でこれだけの成績を残すのは本当にすごい。

正直、今年の全日本もどうなっているかわかりません。

彼女の場合、ジャンプのテイクオフの時の足の上げ方がやっぱり気になるのですが

ジャンプの質(空中姿勢、幅、流れ)はとてもいいものを持っているし

正直、幅や流れは今の日本女子では一番ではないかと思っています。

SPで後半の1.1倍になるところにジャンプを2つ持ってくる構成も

シーズン後半で自分のものにした経験も、ソチに向けて大きな収穫となりました。

ぜひ、ソチでは台風の目になって表彰台を狙ってもらいたいです。





おそロシアの16歳、トゥクタミシュワとソトニコワ。

まだジュニアの年齢の彼女達に容赦なくかかる大国ロシアの想像できないほどの重圧。

想像するだけで怖いです・・・

トクタミシュワはSPの信じられないような演技から

本当にここまでよく立ち直りました・・・・・・

そして、ソトニコワ。

決してパーフェクトではなく、本来の彼女ならもっとできたはず。

しかし、彼女の喜びように枠取りの重圧から解放された

16歳らしい表情を見ることができました。

このメンタルの強さは、

やはり今世界一層の厚い国内での戦いで身についたものとしか言えないでしょう。

そして、ソチ代表争い、今度は国内での戦いがすでに始まっています。

枠取りに貢献したからと言って、彼女達が代表になったわけではない。

本当に世界一目が離せない代表争いとなりそうです。





アメリカ女子、トリノ以来の3枠になりますね。おめでとうございます!

ワグナー選手、全米女王としてしっかり3枠確保。

やっぱりスケート大国アメリカの3枠は嬉しいです。

ワグナー自身バンクーバー代表を逃した思いは強いことでしょう。

アメリカも層の厚さではロシアに負けていませんが

一度、代表争いを経験している分、調整の仕方は他選手より1歩リードでしょうか。




グレイシー・ゴールド、シニア参戦1年目にしてワグナーに負けないくらいの

存在感を見せつけてくれました。

そして大国アメリカの代表としての責任もしっかり果たして・・・

本当にすごいの一言です。というかコワイ、ははは(^^;)

アボット選手も使った曲でここまで表現できてしまうのもすごい。

で、3ルッツー3トーループと2アクセルー3トーループの質も高い!

アメリカ十代の中では1歩抜け出た感があります。



中国のジジュン・リー選手。

四大陸終了後、Jスポーツの解説で「印象に残った選手は?」と聞かれたゆきなちゃんが

彼女の名前を真っ先に挙げていたのですが、世界選手権でもやってくれましたね!

フリーだけだと4位。TESは3フリップー3トーループ始め高難度のジャンプをしっかり評価しています。

中国女子初の世界チャンピオンとなったルー・チェンを育てた女性コーチ(名前わからない^^;)と

4回転ジャンパーチャンジャン・リーという恵まれたスタッフ陣に囲まれ今後が楽しみな選手です。

中国は2枠確保。



カナダのケイトリン・オズモンド選手、

ジョアニー選手以降、低迷してきたカナダ女子に救世主が現れました!

しかもこのタイミングで!オリンピックプレシーズンで!

ジョアニーも観客席にいましたね^^

スケートの神様はちゃんとやることはやってくれてますね(^^;)

世界選手権初出場で、最終グループで、

この日一番の観客の声援を受けて!

荒川さんもおっしゃってましたが、メンタル強いわ~~~。

ジャンプ含め、全てのエレメンツが豪快、

その分転ぶのも豪快(^^;)

しかし氷上に立った時の存在感は際立っています。

ソチでは期待できるのではないでしょうか~~。





キム・ユナ選手、

いろんな感想があるかと思いますが

私はやはり、バンクーバーのフリーの演技が一番の出来ではないかと思っています。

ここ数年、女子のトップ選手は皆入れてきている2アクセルー3トーループのコンビネーションは

彼女が一番先にやったエレメンツだったと記憶していますが、違っていたら教えてくださいね。

初めてこのコンビネーションを見たとき「へえ~、こんな組み合わせもありかあ」

ととても新鮮に感じましたので。

今回のフリーではそれを回避して、2アクセルー2トーループー2ループにしてきていたので

やはり無理をしないプログラム構成できたのだな、と感じました。

それでもここまで精度をあげてきているのはすごい、

来シーズンはいよいよまた彼女がかえってくるわけですが、

さあ、一体女子シングルはどうなりますやら、ですね。




あ、真央選手についてもう一言。


http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/2013/03/18/post_208/index2.php


やはりアクセル初め、本来の調子ではなかったようですね。

それでも、フリーで自己ベストを出せたのは本当に大きいです。

ついつい、真央選手の活躍を見ると忘れてしまうのですが

信夫先生がおっしゃっていたこの言葉を忘れてはいけないと思います。


「ソチまでにぎりぎり間に合うかどうか」

まだまだ、

真央選手は修正の真っ最中なんです。

それを決して忘れてはいけないし、

ますます応援していきたい!と思うのです。
[PR]
by sasha_2006 | 2013-03-18 16:36 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

世界選手権女子シングルが終わりました


大変に盛り上がった大会となった世界選手権。

さすがにオリンピック枠のかかった大会・・・と

こちらも身の引き締まる思いで、

スポーツナビの速報サイトをチェックしていました。



盛り上げた1人、浅田真央選手。

SP好発進が記憶にないので順位は気にしないようにはしていましたが

銅メダル獲得の文字を見たときは、心底ほっとしました。

4年前のシーズンも今シーズンと同じようにグランプリファイナル優勝、

四大陸選手権優勝を引っさげてのぞんだ世界選手権では

3回目の世界選手権出場にして初の表彰台落ちで4位。

あの時はまだJスポーツもLIVE放送してくれていたので見ていたのですが

ショックからなかなか立ち直れず、あの時の録画とEXは以後見返していません。

バンクーバー直前の世界選手権で4位。

そして今回は、ソチ直前の世界選手権で3位。

しかし今回はあれだけミスがあったにも関わらず、

ここまでジャッジに評価してもらえたということは

ソチへの一歩がまた大きい一歩になったのではないかと。



映像で確認した時に3アクセルはもしかしたらダウングレード!?

と一瞬思いましたが、スローで見ると回り切っている。

そして、公式練習で目にした3ループを降りた後の動き。

今までに見たことがない動きでしたので、「あれ?」と思っていたら

3フリップー3ループが単独になったあと

3ループの後に、きちんと2ループを入れてきた!

そして、あの手の振り!

これは、3-3を入れることができなかった時の為に

その後のリカバリーもしっかり練習してきていたんだ!

ということがよくわかりました^^



3アクセルを入れてきたことで、ジャンプの軌道や振付の点でも

いろいろ修正のあとがみえました。


荒川さんも解説でおっしゃっていましたが


「オリンピックでどのプログラム構成で行くかを決める最後の大きな大会」


今回のフリーでそのことがよくわかったのではないでしょうか。


3アクセルは恐らくはバンクーバーと同じく


SPで1回、フリーで2回入れる。

そしてここからバンクーバーと違うのは、

バンクーバーでは諦めた3-3、3ルッツ、2アクセルー3トーループ、3サルコウも入れる。

これが彼女自身の最高のレベルの構成なのではないかと思います。

これをぜひ、実現してほしい!
[PR]
by sasha_2006 | 2013-03-18 14:39 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

2013世界選手権女子SP終了!



Jスポーツの放送が待ち遠しい・・・

とりあえずフジテレビで我慢します・・・



キム選手、2年休んでこのジャンプ!

流れのある大きな3ルッツー3トーループ、素晴らしいです。

音楽との調和も素晴らしい。

2アクセルのランディングの工夫も、

「点数上げるためにやってるんですよ」

みたいなところがないんですよね。

若干、かたいところも垣間見えましたが

競技とは思えない、まるでアイスショーを見ているような感じです。

これは彼女を褒めるしかない。



思いつくままに書きます・・・

全米女王のワグナー。

うまくまとめましたが、いつものような迫力がないような。

キム、コストナーなどトップ選手が勢ぞろいした中で見るからでしょうか?



鈴木選手、60点台出しても最終グループに残れないとは

本当に何てレベルの高い大会なんでしょう(^^;)

動きもいいし、点数はもっと出てもいいと思うのですが。

公式練習でも調子が良いようです。

フリーに期待しましょう^^



コストナー選手。ジャンプの転倒はあっても別次元のPCS。

10年かけて世界女王になっただけのことはあります。

積み上げてきたものは決して無駄ではなかったのですね。

キム選手と優勝争いをできるのは彼女なのではないでしょうか。


村上選手、すごい!素晴らしい!

ステップから始めるということは、気持ちの持っていき方、

演技を盛り上げるという点においては難しいと思うのですが

本当によく頑張りました!一生懸命さが伝わってくる演技だと思いました。



真央選手、3アクセルを入れることで

やはりほかのエレメンツに影響が出てしまうのは

本人もコーチも納得の上でしょう。

まだまだ以前の真央選手の状態ではない。

やはり照準はソチ、なのだなと感じました。

頑張った男子達のように、どうか悔いのない演技をしてほしいと思います。
[PR]
by sasha_2006 | 2013-03-16 11:38 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

世界選手権男子シングル終了!



仕事中、職場の人とPCの結果表を冷や冷やしながら見つめていました。

いや~~!!!良かった、良かった、

日本勢、メダル0に終わったことは残念ですが

ジャンプの調子が戻らなかった高橋選手、

怪我をおして強行出場の羽生選手、

枠取りがかかった大きなプレッシャーの中で

シーズンベストという素晴らしい結果を出した無良選手。

みんなにありがとう!と大きな声で言いたい気持ちでいっぱいです。

今夜のテレビ放送が楽しみ~~~。



早速結果表も出ていますね。


     ↓


http://www.isuresults.com/results/wc2013/
[PR]
by sasha_2006 | 2013-03-16 11:21 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

世界選手権SP終了!

昨夜見た男子SP,すごかったですね~~~!

高橋大輔選手の「月光」。

長光コーチの「今までになく追い込んだ練習ができた」の言葉を証明してくれた素晴らしい演技。

衣装も前回より今回が好きですし、何よりも、シーズンとおして滑ってきたんじゃないか?

と思わせるほどの、素晴らしいプログラムの完成度、でした。

フリーに間違いなくつながる演技、ですね。感動しました!



羽生選手は痛みと戦いながらの出場と言うことで、

見ているほうが本当に辛いです。

ジャンプの高さ、あんなに自信を持って跳んできていた4回転の高さがありません。

キスクラで頭を何度も下げている姿を見ると、本当に辛い。


無良選手はジャンプ、4回転のミス1つに抑えれたのが大きいですね。

フリーはどうか、ミスなく頑張ってほしい!

何とか頑張って、3枠を勝ち取ってもらいたいです!



パトリックはやっぱりすごいとしか言えないですね。

普通の選手なら4回転単独で終わってしまう・・・

でも普通の選手じゃないから・・・(^^;)

ここに照準を合わせてきた彼を誉めるしかありません。


テンくん、やったーー!

しかしまさか、ここまでの点数は予想していませんでした(ごめんね)

ミスなくできれば、ここまでの点数を出せる選手なんだってこと

きっちりみんなに見せてくれましたね。

怪我でシーズンを棒に振ってきたとは思えない。

四大陸とは別人の演技。

フリーが楽しみです~~~!



ケビン選手・・・四大陸の優勝が彼をいい方向に導いてくれています。

地元の大声援も大きな力ですね。

メダル争い、本当にわからなくなってきました~~~。





女子の結果は、起きてすぐにチェックしたのですが

キム選手はパーフェクトに滑れば70点の後半はいくかな???

と思っていたので、この点数は意外でしたがフリップでロングエッジ。

以前もついた事があったけど、すぐに修正してきたので

フリーではまた更に神演技を見ることができるでしょうか?

最終滑走と言うこともあり、盛り上がりそうですね。

マツコ・デラックスさんがフィンランデア杯で見たキム選手のジャンプを見て

「衝撃的だった」とおっしゃっていたので、早く映像を見たいです。



村上選手、技術点がこのメンバーの中で1位!!!すご~~い!!!

後半にジャンプを2つ入れる構成、今シーズンは苦労してきましたが

この一番肝心な、一番大事な世界選手権できっちり決めれたのは大きい!

精神的に本当に強いですね。頼もしいの一言です。



鈴木選手はコンビネーションの1つ目が回転不足ですか~~~。

しかし、私の大好きなフリーの演技があります。

最終グループには入れませんでしたが

メダルには十分な点差、頑張ってほしいです!



真央選手、今まで世界選手権でSP好発進なんてありました??^^;

優勝した年は全て5位発進とか、6位発進じゃなかったですか?

そして、7位や8位の選手とは僅かの差を交わして

最終グループに入ったわけですから

これは何か意味があるとしか思えない・・・はい。

昨シーズンは最終グループにすら入れなかった。

全然、心配していませんよ~~~!

四大陸選手権の年は世界選手権、全て優勝!

彼女は必ずやってくれます!!!
[PR]
by sasha_2006 | 2013-03-15 11:17 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

世界選手権、期待が膨らみますね!

世界選手権、いつも以上に注目を集めているのは

やはりオリンピック枠がかかっているからなのでしょうねーー(^^;)



こんな頼もしいニュースも。



浅田「すごくいい状態」 世界フィギュア14日開幕



岳斗くん、先日の世界ジュニア後のことではいろいろ心配していましたが

おさまるところにおさまったようですね。



田村岳斗「華麗なる舞」


採点競技はいつの時代も難しい・・・

特に岳斗くんは元選手と言う立場上、指導する立場を超えた思いもあったのだと思います。

でもこういう声を1つ1つあげていくことはとても大切なこと。

選手時代のやわな(失礼^^;)イメージとは裏腹に行動に出てくれたこと。

フィギュアスケートファンとしては胸のすく思いがしました。
[PR]
by sasha_2006 | 2013-03-13 10:17 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ナチュラルにスローに、そしてアナログでいきましょう♪


by sasha_2006
プロフィールを見る
画像一覧