ブログトップ

ナチュラル&スローライフ

フィギュアスケート世界選手権2013

ソチオリンピックまであと11カ月。

しかしもうオリンピックへの戦いは始まっているようなもの。

今シーズンを締めくくる世界選手権。

カナダのオンタリオ州ロンドンにおいていよいよ始まります。



ISU結果サイト


number web フィギュアスケート氷上の華


web sportiva「浅田真央がアイ・ガット・リズムを選んだ理由」





男子シングルはやはり昨シーズンのこの大会でも表彰台に上った

チャン、高橋、羽生選手、そして欧州選手権では

フリーで3度の4回転を決めて初優勝したフェルナンデスがメダルに絡んでくると思われます。

四大陸選手権で日本勢を抑えて優勝したレイノルズ選手も

チャン選手と同様に地元の大声援を自分の力に変えることができれば面白い存在。

フランスのアモーディオ選手やチェコのブレジナ選手も

パーフェクトに滑る事ができれば、台風の目になるのではないかと思われます。

チャン選手は今シーズン、彼のベストの演技が出せていないのですが

練習環境が整って、状態もいいようですので本来の滑りができれば

3連覇も見えてくるかもしれません。



女子はやはり今シーズン出る試合すべて優勝している真央選手、

欧州チャンピオンで昨シーズンの世界チャンピオンであるコストナー選手、

2年ぶりに今大会出場となるユナ・キム選手、

全米2連覇で、真央選手と同じくグランプリシリーズでは負けなし、

ファイナルでも2位に入ったワグナー選手らが表彰台に絡んでくると思われます。

キム選手はトップ選手が参加していない国際大会で200点越えと言う評価をされましたが

トップ選手らが出てくるこの世界選手権でジャッジがどのような評価をしてくるか、

見どころとなるのではないでしょうか。

ロシアのソトニコワ、トゥクタミシュワ選手達ももちろん怖い存在ですが

何と言ってもオリンピックの枠取りと言うプレッシャーのかかる大きな大会。

どの選手も同じ立場で戦うのですが、10代の、しかも世界選手権初出場にして

大きな責務をおう彼女達が地元開催のオリンピックに向けてどんな演技をするのか、

こちらも大いに注目ですね。


フィンランドのコルピ選手が怪我で欠場と言うのは残念ですが

しっかり治して、来シーズンはぜひとも元気な姿を見せてほしいと思います。
[PR]
トラックバックURL : https://lunchmusic.exblog.jp/tb/20142547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sasha_2006 | 2013-03-12 17:25 | フィギュアスケート | Trackback | Comments(0)

ナチュラルにスローに、そしてアナログでいきましょう♪