<   2009年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

フルート・おさらい会

私の通っているフルート教室では数ヶ月に一度、おさらい会なるものがあります。
文字通り、普段のレッスンの成果を外のレッスン生の前で披露するというもの。
私は昨年は公私共に忙しかったり、バタバタで自分の趣味どころではなくて
1年間ほどお休みさせてもらっていたために、先生には今回は見学で!
とお願いしたのに、毎回のレッスンのたびにうまいこと言って調子に乗せられて
(先生は本当に人をおだてるのがうまい!笑)
結局出る羽目になってしまったのでした。
但し演奏する2曲とも先生とのデュエット、ということで。

そしてこれは今回初の試みだったらしいのですが、
普通のコンクール並みに1人1人、講評を書く、ということで。
そして本日1時にくすのきプラーザに集合し、おさらい会の開始。
第1回目に出演した時は大変に緊張してしまって
おさらい会が終わってしばらくしてからも
楽器に触れる気にならなかったのですが、今回は違った。
先生が「顔を見たら入り込んでるのがわかった」
と言われるくらい緊張してないように見えたらしいのですが、
実は緊張はやっぱり少しだけしてしまって(でもこないだとは比較にならない)
楽器を落としそうになるくらい緊張しました。

不安だった箇所を乗り越えた後、安心してしまって
最後から2番目の音を♭で吹くところをナチュラルにしてしまい、
唯一それが悔しいのですが、まあ次回への課題と言うことで。
いろんな感想をいただいたのですが、一番多かったのが
「音程がしっかりしていた」ということで、これはなかなかに嬉しかったです。
私は金管楽器出身のため、木管楽器のようにキーが多くない楽器を
吹いてきたものですから、音程は自分の息で作らなければならない。
当時は苦労したと思うのですが(忘れるほど昔の事です)
それがもしかしたら良かったのかな?・・と、これは先生のご意見ですが。
でも先生に言わせると「昨日のレッスンの演奏が一番良かった」
ということなので、これも「次回への課題だね」との〆のお言葉でした。

皆さんとお茶やお菓子をいただきながら、
演奏や楽器についていろいろと歓談できて楽しかったなあ~~。
次回は8月の予定、とのことですがさすがに8月は公私共に忙しいので
難しいのですが、一応挑戦する気持ちでまた頑張りたいと思います!
[PR]
by sasha_2006 | 2009-07-05 23:28 | フルート・クラシック | Trackback | Comments(0)

コーンバターピラフ弁当

b0075817_22331087.jpg

(メニュー)
☆コーンバターピラフ
☆ソイソーセージとアスパラガスのソテー
☆卵焼き
☆ほうれん草の磯和え
☆きんぴらごぼう
☆プチトマト
☆ゼリー


今日、次女はリード講習会。
彼女はoboe担当なのですが、oboeやFagottなどの
ダブルリード楽器奏者が年に1回集まっての講習会が
今年は出雲一中を会場に行われました。
リード選定会やリペアなどもあったりと盛りだくさんの1日。
娘も久々に後輩達と会って有意義な1日を過ごしたようです^^
[PR]
by sasha_2006 | 2009-07-05 22:33 | ☆おべんと☆ | Trackback | Comments(0)
b0075817_8104963.jpg

(メニュー)
☆豚肉とインゲンのいためもの
☆きんぴらごぼう
☆ツナマヨ入り卵焼き
☆ちーちく
☆プチトマト
☆ご飯、梅ちりめんふりかけ
☆さくらんぼ


インゲンが採れだしました!
毎日似たりあえたり炒めたり。
今日は豚肉ににんにく、しょうが、しょうゆ、みりんをもみこんで
フライパンで一緒に炒めました。
豚肉のうまみがインゲンにからまって
ご飯がすすむおかずです^^
[PR]
by sasha_2006 | 2009-07-04 08:10 | ☆おべんと☆ | Trackback | Comments(6)

トンカツ弁当

b0075817_9113740.jpg

(メニュー)
☆トンカツ
☆ほうれん草とツナの胡麻和え
☆卵焼き
☆炒り豆腐
☆ご飯、梅ちりめんふりかけ
☆さくらんぼ


昨夜、クローズアップ現代に辻井信行さんが出演されていました。
コンクール優勝後に行われたドイツでの演奏会。
入っただけでわかる会場の狭さ。
本番ではドイツの耳の肥えた人たちの鋭い視線が
容赦なく辻井さんを襲います。
日本やアメリカでなら登場するだけで拍手が沸き起こり
リラックスして演奏にのぞめた辻井さんは
緊張のあまりなかなか弾き始めることができません。
しかし演奏が始まると最初はそっけなかった聴衆の目が
キラキラと輝きだします。
そしてアンコールも終えて引き揚げる辻井さんに贈られる
鳴りやまない拍手と歓声。
辻井さんは立ち止まると再び会場へと向かい
コンクールで一番の喝采を受けた
リストの「ハンガリー狂詩曲」を弾き始めます。
演奏が終わるとスタンディングオベーション!
誰の力を借りるでもない、名前さえ知られていなかった
この観衆の前で辻井さんは自らの演奏によって
観客の心をわしづかみにしてしまいました。

辻井さんのピアノの素晴らしいなあ、と思うところは
何といっても音色です。
まるで小川のせせらぎを聞いているかのような
自分がどこにいるのか忘れてしまいそうになるくらいの
瑞々しい音、だと思います。
そしてこれは以前も記したと思いますが
右手と左手が同じ音の大きさに聴こえるところです。
これは6歳から12歳まで指導を受けていた川上先生が
右手、左手と別々に録音したテープを繰り返し聴いて
レッスンしたがゆえの財産でしょう。

これから3年間海外演奏が待っているとのことで
なかなか日本で辻井さんの演奏を聴くことは難しいかもしれませんが
何年先になってもいいからいつか聴かせていただきたいなあ、
とますますもってそう思います。
[PR]
by sasha_2006 | 2009-07-03 09:11 | ☆おべんと☆ | Trackback | Comments(4)

エビのパン粉焼き弁当

b0075817_1332933.jpg

(メニュー)
☆エビのパン粉焼き
☆いんげんのバター醤油炒め
☆パプリカとかにかまのサラダ
☆卵焼き
☆プチトマト
☆ご飯、ひじきふりかけ、梅干し
☆さくらんぼ


エビのパン粉焼きはエビにパン粉をまぶして
オリーブオイルをふりかけオーブントースターで焼いたもの。
揚げ油を準備しなくていいところが気に入ってます^^
[PR]
by sasha_2006 | 2009-07-02 13:32 | ☆おべんと☆ | Trackback | Comments(6)

赤魚のムニエル弁当

b0075817_10483817.jpg

(メニュー)
☆赤魚のムニエル
☆卵焼き
☆ブロッコリーの塩ゆで
☆かぼちゃのバターソテー
☆ミディトマト
☆ご飯、わかめふりかけ
☆さくらんぼ


まさに梅雨まっただ中。
山陰地方は雨の多い地域です。
雨が降らないと夏の水不足が心配だし
あまり多いと農作物の被害が深刻になるし
なかなかちょうどいい、ということはないものですね。


こんなじとじとの季節、気に入ってよく使うのがリネンウォーター。
ハンカチや制服のブラウスにアイロンをかける時など
シュシュッとふきかけて使っています。
気分的にもいいですよ^^
[PR]
by sasha_2006 | 2009-07-01 10:48 | ☆おべんと☆ | Trackback | Comments(2)

ナチュラルにスローに、そしてアナログでいきましょう♪


by sasha_2006