人気ブログランキング |
ブログトップ

ナチュラル&スローライフ

<   2019年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ピーマンの肉詰め弁当

b0075817_08065124.jpg


(メニュー)

☆ピーマンの肉詰め

☆ラタトゥユ

☆卵焼き

☆ブロッコリーマヨネーズ

☆プチトマト

☆炒飯


暑くなってくるとサラダなどを作りおいておくと

せいぜいその日までwwwww

でも野菜は食べたい!

そんな時に助かるのがラタトゥユ。

夏野菜をばんばんお鍋に放り込み

オイルで炒めて煮込むだけ。

お鍋はできれば ル・クルーゼとか

ストウブなんかで煮込むと更にテンションが上がりますね。

美味しくできるし。

あと、最近はまっているのが

オリーブ入りラタトゥユ。

ブラックでもグリーンでもお好みのものを。

今回はグリーン入りにしてみました☆



by sasha_2006 | 2019-06-14 08:06 | ☆おべんと☆ | Trackback | Comments(0)

アウトプットするということ

今一つ元気のなかった友人を誘って
ランチに行ってきました。

1時間ほどランチして・・・コーヒーも・・・
そして気づいたことは
元気のない友人の話を聞いてあげるつもりが
実は自分のほうがよほど元気がなかったということ、です。

話を聞いてあげる、だなんて
今思い出してもなんて傲慢、高慢ちきな話。

そしてもう一つ気づいたことが
話す=アウトプットすることによって
自分を客観的に見ることができていた
ということ。
これは意外な産物でした。

いろいろと悶々とするときは
悶々と家で過ごすよりも
外に出て何でもかんでも
アウトプットするに限る

それがわかっただけでも
私にとっては有意義な時間となったのでした。




by sasha_2006 | 2019-06-13 15:34 | Trackback | Comments(0)

田辺聖子さん


少し前のニュースになりましが
田辺聖子さんが天寿を全うされました。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E8%BE%BA%E8%81%96%E5%AD%90


私の読書歴は田辺さん一色と言ってもよくて
それこそ10代から20代にかけて
貪るように読みつくしました。

特に私は田辺さんの恋愛小説が好きだったのです。
「返事はあした」のように
最後に胸がスカッとするような
ハッピーな物語もありましたが
多くは男女の寄り添えそうですれ違う、
すれ違っていく心、時間、
そしてそれらの人間模様を際立たせてくれる
背景たち。
それは神戸のおしゃれな街並みであったり
夕方、尼崎を歩いていると流れてくる
お醤油のもの悲しいにおいだったり。
昭和を代表するBGM,そして
個性的な脇役達だったり。

それら全てが私にとっては愛おしいものでありました。

田辺さんが主人公たちに言わせた言葉で印象深い言葉は
あげればきりがないのですが
中でも一番私の心に響いているのは

「猫も杓子も」の中の

「ああ、こうして皆、年をとっていくのだ。
猫も杓子も」

というくだりです。

人も時代も自分の思うようには動かせない。
思うようにならない中でそれでも
あがいて、もがいて、時代に打ちのめされて。

努力したからと言って必ず報われるわけではない、
そんな時代への諦めのような
捨て台詞のような
そんな言葉を主人公に言わせておきながら
でもそれを見つめる作者である
田辺さんの愛情溢れる視点に触れたようで
この言葉を思い出すたびに
胸がぎゅっと締め付けられるような
感覚に陥ります。

そして田辺さんと言えば
カモカのおっちゃん^^

多分、今頃はお2人で
美味しいお酒を酌み交わしていらっしゃることでしょう。







by sasha_2006 | 2019-06-12 10:12 | Trackback | Comments(0)

ナチュラルにスローに、そしてアナログでいきましょう♪
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30